FC2ブログ

happy♪smile♪1000

気ま-まに更新☆日記ブログです♪

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシュリー

この文章は、
前回の放送時に私が書いた文章です。
今読むと、
幼稚で恥ずかしい文章なのですが、
これを見に
わざわざ来てくださっている方が居るようなので、
下書きしたのを引っ張り出してきて、
もう一度載せたいと思います。










今テレビに、
アシュリ-ちゃんという、
カナダに住んでいる女の子が出ていました。
この子の番組はシリーズで放送されていて、
私は一度目の放送から見ていました。

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 彼女はプロジェリアという病気です。
プロジェリアとは、
正常な人の約10倍の速さで老化が進む遺伝子の病気です。

 初めて彼女をテレビで見たとき、
私は絶句しました。
髪は抜け落ち、皮膚はしわくちゃ。
骨と皮しかないような、
そんな細くて、壊れてしまいそうな体でした。

でも不思議に、見ているうちに彼女が
とても美しく見える様になったのです。
もちろん容姿が変わったわけではなく、
ただ、私が彼女の事を知っただけでした。

彼女が今までどうやって生活してきたのか、
何を見て、何を考え、
どう生きてきたのか。

もちろん、ほんのごく一部ですが。


 彼女には、同じ病気を持つジョンというボーイフレンドがいました。
彼はインタビューでこう話していました。

『人生はどう生きるかなんだ。
 長さは重要じゃない。
 こんな病気で、僕ってかわいそうと思いながら
 一生悲しいパ-ティを続けるのか。
 それとも前に進み、
 人生を意味のあるものにするのか。
 僕は自分の命を最大限に生きたい。』

   2004年3月3日 
 ジョン・タケット君 他界

この事実を知らされたとき、
アシュリーは少し泣いてから、こう言ったそうです。

『そんな気がした・・』






彼女達には、一日が10日、
1年が10年の早さで過ぎて行くのです。


 今彼女には大事にしているペットがいます。
名前はリトルマウス。ハムスターです。
彼はとても大きな怪我をしました。
アシュリーが小屋の掃除をしている間に脱走し、
階段から落ちたのです。
その結果、下半身が動かなくなりました。
獣医には安楽死を進められたそうです。
小さすぎて手術が出来ない。と。
彼女は悩みました。
その結果こんな答えを出したのです。

『後ろ足を動かせないからって、
 どうして安楽死させなきゃいけないの?
 命があるんだから、
 生きてて当然でしょ。
 私もたまに痛みはあるけど、
 それも人生の一部だと思ってる。
 そんな時、私は座ってリラックスするの。
 ただそれだけのこと・・・・』

彼女は、一緒に生きる。という道を選びました。


 



 番組の最後に、彼女がプロジェリア患者に送ったメッセ-ジ。

『私は悲しい時、楽しかった事を思い出すの。
 友達の事・家族の事
 自分がどれだけラッキーかって。
 弟も私をハッピ-にしてくれる。
 面白くてマヌケなの。

 悲しんだり怒ったりしないで。
 人生は楽しい事がいっぱいあるから。
 嫌な事は忘れて
 新しい一日を迎えよう。
 人の役に立つ事をすると
 気持いいよ。』

彼女達は、
とても聡明で
キレイだった。

私は、アシュリ-を通して、
美しさとは、容姿ではなく
その人の自分に対する自信と
人生そのものなんだと改めて実感しました。

人生、思うぞんぶん意味のあるものに出来るのも、
人生、思うぞんぶん楽しめるのも、
全て自分次第だ。と。


あなたは
アシュリ-という少女に
何を見て
何を感じましたか?

あなたは
何を
思いましたか?


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happysmile100.blog26.fc2.com/tb.php/14-1a163700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール 

coco

Author:coco
写真(見るのも撮るのも)と海外が大好きです♪



 

最近のコメント 

Thank you ☆ 

無料ホームページ ブログ(blog)

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。